住宅ローンフラット35の選び方で正しいのは?

将来、住宅ローンを組む可能性のある方は、是非、注意して頂きたいポイントがいくつかあります。
フラット35Sエコとは、省エネルギー性や耐震性などに優れた住宅の購入・建築資金として住宅ローンを組む場合、金利を引き下げてくれるというもの。
新生銀行やARUHIフラット35が提供しているフラット35の支払いをされている方の中には借り換えを検討されている方も多いでしょう。
ARUHIフラット35は優良住宅取得支援制度のフラット35S対応ですので金利がすこしオトクになるということもありうるのですね。
ですが、借り換えは誰にでも良い物という訳ではありません。
理由は、借り換えには多少の金額が再度かかるからです。
無料で借り換えが出来る銀行はほぼ0でしょう。
住宅ローンは最大で35年、毎月支払いをしていかなくてはいけませんので、審査はとても厳しく行われます。
審査の合否判断には約1週間前後かかります。
結果は口頭もしくは電話で伝えられます。
残念ながら審査が通らないと、新生銀行や楽天銀行提供しているフラット35は組めません。
見事、審査が通ったら、次はいよいよ契約に移ります。
契約時は銀行から指示された必要書類を全部揃える他実印や諸費用なども必要になります。
諸費用はその人の借りる額によって違いますが、いくら用意すればよいか銀行側から指示されます。
一般的には、数十万?数百万単位の金額がかかるようです。

フラット35の種類は?35Sで金利優遇! 【長期優良住宅支援制度】