住宅ローン審査落ちた理由は契約社員だったから?

契約社員の属性は、はっきり言って低いです。
勤務形態のランキングは、公務員→大企業の正社員→一般企業の正社員→契約、派遣社員→パート、アルバイトです。
つまり、アルバイトの学生やパートのおばさんよりはマシというレベルなので、住宅ローン審査に落ちた理由としては、この属性審査に原因があると考えられます。
では、派遣や契約社員は住宅ローンは組めないかと言うと、そんなことはありません。
同一の勤務先や派遣先での勤続年数が長ければ評価されますし、年収や年齢、頭金の額によっても審査結果に影響が出ます。
又、クレジットやローンなどの履歴に問題が無ければ、その分プラス評価になります。
融資を受けようと思う銀行に口座を作っておいて、日常的に取引をするのも審査を融資にする手段になります。
勤務形態のハンデを自覚し、長期にわたって努力すれば失敗する確率は減るはずです。
派遣登録仕事?求人案件紹介の流れ【初めての人必見】